1/28(水)キックオフシンポジウムを開催しました

2015年03月05日

平成27年1月28日に、福岡市中央区渡辺通り電気ビル共創館において、社会人学び直し大学院プログラム「イノベーション創出力を持った女性リーダー育成プログラム」のキックオフシンポジウムを開催いたしました。

梶山学長挨拶

梶山学長挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンポジウムでは、静岡にて青果流通を変えるベジプロバイダー事業を通じ、イノベーションを起こし、実践し続けている株式会社エムスクエア・ラボ代表取締役の加藤百合子さんにお越しいただき、イノベーションを起こす上で必要なことをお話いただきました。加藤さんからは、イノベーションを起こすには脳から音がするほど考える。一見「ムダ」「あそび」に見えることが大事。いろいろな人に接することが多い方がイノベーションは起こしやすいなど、ご自身のご経験からの貴重なお話をお伺いすることができました。

㈱エムスクエア・ラボ 代表取締役 加藤百合子さんによる基調講演

㈱エムスクエア・ラボ 代表取締役 加藤百合子さんによる基調講演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルディスカッションでは、TOTO株式会社でタンクレストイレの開発のご担当をなさった河津さん、株式会社九電工で女性のワーキンググループの事務局を運営されている緒方さん、そして基調講演でお話くださった加藤さんにも加わっていただき、女性ゆえのチャンスや、キャリアなど、多くのお話をいただきました。

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進行役のイノベーションスタジオ福岡ディレクター田村大さん。田村さんには女性リーダー育成プログラムモジュール1の講師をお願いしております。

0128キックオフ(パネルディスカッション)

パネルディスカッションの様子 左より、田村大さん、加藤百合子さん、緒方美和子さん(株式会社九電工)、河津由加里さん(TOTO株式会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会人学び直し大学院プログラムは福岡女子大が地域の教育機関として、これまで行ってきた女性の生涯学習事業を発展させ、産・官・学連携で取り組むものです。

0128キックオフ(プログラム説明)

森田副学長よりプログラム説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの方にお越しいただき、あらためてこのプログラムの関心の高さを感じることができました。

ご来場いただきました皆様に、心より御礼申し上げます。