平成28年度ワイン・フロンティアリーダー養成プログラムシンポジウムが開催されました

2017年03月30日

平成29年3月11日土曜日、甲府市内のジット甲府プラザで山梨大学ワイン・フロンティアリーダー養成プログラムシンポジウムが行われました。

 

 photo1

(写真 会場の様子)

 photo2

 (写真 学長挨拶)

 

学長のあいさつのあと、ドメーヌ茅ヶ岳代表の安部正彦氏による「ブドウ農家とワイン産業」と題した講演が行われました。安部さんは社会人として山梨大学大学院修士課程に学び、その後ワイナリーを立ち上げていらっしゃいますが、農家としての立場から、そして新しく参入したワイナリーの経営者としてワイン産業についてお話をされました。ドローンを飛ばして棚のぶどうをどのように剪定するかを考えているという話には未来の農業の形が見えたように思います。

photo3

(写真 安部氏の講演)

 

次にドメーヌヒデ代表の渋谷英雄さんによる「マスカットベーリーAに魅せられて」と題した講演が行われました。渋谷さんはワイン・フロンティアリーダー養成プログラムの卒業生です。しっかりワイン醸造を勉強されて臨む第2の人生。新しいワイナリーでどのように顧客を獲得し安定した経営をするのかといったアイデアが満載の素晴らしい講演でした。とくにマスカットベーリーAだけでいくつもの作品を造り分けているところなどはそのぶどうに対する深い愛情と強い志を感じました。

photo4

(写真 渋谷氏の講演)

 

最後は山梨で酒屋さんを営む長谷部商店の長谷部 賢さんによる「酒販店から見る山梨県産ワインの魅力と展望」という講演でした。長い間山梨県でワインを売っている経験から最近のワイン事情を鑑みたくさんの知見を与えてくださいました。

 

その後は情報交換会が開かれました。講演者やワイナリーの方々と和気あいあいと話をされている方が多くみられ、山梨県としてまた山梨大学としてのまとまりの良さが伺える素晴らしい機会になりました。ご参加の皆様ありがとうございました。

photo5

(写真 情報交換会の様子)