ジル・ド・ルベル教授による夏期特別講演会が開催されました

2016年08月13日

「ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム」の事業の一環として、今年度もボルドー大学醸造学部のジル・ド・ルベル教授を招聘し、平成28年7月20日(水)14:15より、夏期特別講演会が開催されました。当日は、アサヒビール株式会社洞口 健一氏がフランス語から日本語への通訳をしてくださいました。題目は「Sensory and chemical studies of the ageing bouquet of wines(ワインの熟成香における官能評価とその化学的研究)」で、ワインの熟成に伴う香りの変化を最新の分析機器で捉える方法など多くの最新の情報を提供くださいました。ルベル先生は、日本ワインコンクールの審査員としても活躍されていらっしゃり、日本には10回以上来ていらっしゃるとか、それだけに日本のワインについてもよくご存じでいらっしゃいます。

 当日は、ワインフロンティアリーダー養成プログラムの受講生はもちろん、日本各地でワインを造っている醸造家の方々や山梨県酒造組合の関係者など多くの人が来場され、非常に有意義な時間となりました。

 

revel1revel2