第6回AIIT起業塾 –ファッションテック– を開催します

2016年07月07日

 産業技術大学院大学は、第6回AIIT起業塾 –ファッションテック- を開催します。

 AIIT起業塾は、IT・デザイン・マネジメント等を活用し、各種の産業分野で、新しい事業構築・問題解決を話題に議論する勉強会で、起業経験者、○○×IT・デザイン、マネジメントの先駆者等のゲスト講師による講演、ディスカッションを行います。

 第6回AIIT起業塾では、ファッションとITの融合を扱います。勉強会は参加費無料です(希望者による懇親会は参加費をいただきます)。途中参加、途中退出も可能ですので、お気軽にご参加ください。

 詳細情報とお申込みはこちら:https://atnd.org/events/78076

 

○テーマ:ファッションテック

 

○日 時:平成28年7月31日(日) 

     13:30 –19:30 ※17:30から近隣会場にて懇親会

     13:30 –13:40 オープニング

     13:40 –14:10 講演1 BOOSTERが拓くファッションの未来

                 (株式会社パルコBOOSTERプロデューサー 佐藤貞行氏)

     14:15 –14:45 講演2 新たなスニーカーブランドを創出するプラットフォーム

                 (ROOY Inc.(USA)日本代表 上森久之氏)

     14:55 –15:25 講演3 ファッションの今、ファッションその先へ

                 (株式会社集英社ブランド事業部メディアプロデュースセクション

                  SPUR.JPウェブプロデューサー 長岡夏未氏)

     16:10 –17:10 パネルディスカッション

     17:10 –17:15 クロージング 

     17:30 –19:30 懇親会(希望者)

 

○会 場:公立大学法人首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス

     (JR山手線、京浜東北線、総武線/秋葉原駅下車 徒歩1分)

 

○講演内容 

 講演1 BOOSTERが拓くファッションの未来

【講演内容】

 BOOSTERは、PARCOが運営するインキュベート・クラウドファンディング。生活者参加型でリテール事業者やクリエイティブ・コンテンツ領域のインキュベーションを推進している。「インキュベーション(=新しい才能の発見と応援)」をテーマに掲げてきたPARCOが、様々な資源を活用してプロジェクトの実現をサポートし、サポーターと一緒にクリエイティヴな挑戦を世の中に送り出す。その仕組みをお話し頂きます。

【講師略歴】

 佐藤貞行氏=東京都出身。早稲田大学卒業。1999年、株式会社パルコ入社。事業戦略室、社長室課長等を経て、新規プランニング部業務課長、2015年からはクラウドファンディングBOOSTERプロデューサーに就任。これまで、日本初のファッション起業マイクロファンドFIGHT FASHION FUND by PARCO(2011年)、経済産業省クール・ジャパン戦略推進事業・海外展開支援プロジェクトHELLO SHIBUYA TOKYO with SINGAPORE(2013年)などの立ち上げとプロデューサー業務を担う。

 

 講演2 新たなスニーカーブランドを創出するプラットフォーム

【講演内容】

 クラウドソーシングを活用した米国の靴メーカー、ROOY(シアトル)。「シューズデザイナーのインキュベーション」をコンセプトに、120カ国・1200人の靴デザイナーをネットワークし、企画・製造・販売まで行う。2月に日本支店を開設し、靴デザイナーの発掘、販路・卸し先の開拓、ブランドとの協業を計画する。デザインは世界中のルーイ登録デザイナーから募り、デザインを採用した靴の売り上げに応じてデザイナーに利益を還元する仕組み。仏のアーセン・ロック(Arsen・Rock)など実力派から服飾デザイナー、学生まで幅広く名を連ねる。世界の職人をリンケージするROOYの仕組みと、日本事業展開の戦略とは何かをお話し頂きます。

【講師略歴】

 上森久之氏=監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人 トーマツ)入社後、監査部門にて出版業、化粧品業、物流業、証券業等、大企業の監査業務、ビジネスデューデリジェンス業務に従事。トーマツベンチャーサポート株式会社参画後、100社以上のベンチャー企業の成長戦略、資金調達、パブリシティ等を支援。また、海外ベンチャー企業の日本進出も支援も行う。東京都・インキュベーションエコシステム構築事業の責任者もつとめる。2015年より現職。

 

 講演3 ファッションの今、ファッションその先へ

【講演内容】

 以下の3つのテーマで出版社のデジタル状況とファッションのデジタルビジネス状況を解説しながら、出版社×IT×ファッションの今とその先をお話し頂きます。

1)集英社におけるウェブメディアの役割とSPURの状況

2)ファッション業界でのデジタル状況と広告状況

3)現在のビジネス課題と今後の展開 

【講師略歴】

 長岡夏未氏 =2009年より㈱集英社メディア事業室に従事。2013年よりモード誌「SPUR」のウェブサイト『SPUR.JP』のウェブプロデューサーを担当。2016年1月に実施したサイトリニューアル以降、ページビューおよ び売上は前年比150%増で成長中。外部ユーティリティを活用した企画にも注力 し、Instagramを活用したオリジナルAPP「SPURGRAM」が注目を集める。主な業務内容は、雑誌ブランドのデジタルブランド戦略と事業最適。

 

○パネルディスカッション

 〈パネリスト〉

 佐藤 貞行 氏

 上森 久之 氏

 長岡 夏未 氏

 〈コーディネーター〉

 亀井 省吾 氏 

 

【コーディネーター略歴】

亀井省吾=産業技術大学院大学産業技術研究科 特任准教授、多摩大学大学院経営情報学研究科 客員教授。中央大学大学院総合政策研究科 博士後期課程修了、博士(学術)。東京海上火災保険(株)、投資銀行等を経て現職。中小ベンチャー企業、事業アーキテクチャの研究に従事。