ワイン・フロンティアリーダー養成プログラムシンポジウムが開催されました

2016年04月19日

平成28年3月22日火曜日、ベルクラシック甲府にて、山梨大学ワイン・フロンティアリーダー養成プログラムシンポジウムが開催されました。当日はたくさんの方にお越しいただきまして、盛会のうちに終了することができました。当日の講演会の様子について報告します。

島田学長

島田学長

 

講演会はワイン科学研究センター奥田センター長の司会進行で始まりました。まず初めにシンポジウムに先立ち、島田学長による挨拶があり、引き続いて、黒澤学域長より「ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム」のカリキュラム説明と講義等の様子が紹介されました。

 

 

 

黒澤学域長

黒澤学域長

 

 

 

 

 

 

 

飯島 隆氏

飯島隆氏

 

 

 

講演会の始めの演者は、国税庁酒税課の飯島隆氏でした。講演は「日本産酒類の振興の取り組みについて―ワイン表示ルールの策定と地理的表示制度の改正―」と題して行われ、昨年秋に制定されたワインの表示ルールについて、非常に詳しく説明がありました。また日本ワインが世界に向けて輸出を拡大している話もとても興味深い内容でした。今後3年間の中で、少しずつ、しかし着実に日本ワインとそれ以外のワインとの区別がついてくるのですね。

 

木田茂樹氏

木田茂樹氏

 

次に、山梨県ワイン酒造協同組合理事長でKOJ(Koshu of Japan)委員長木田茂樹氏による、「EUにおけるKOJについて」と題しての講演が行われました。甲州がいまや日本だけはなく世界に評価されるワインに成長している話を聞いていると、とても明るい気分になります。

 

 

20160419-7

長谷川純一氏

 

 

最後に俺の株式会社「俺のフレンチTOKYO」支配人でソムリエの長谷川純一氏による「ソムリエが架けるワインの橋」と題する講演がありました。ワインとお客様を非常に大切にしている長谷川さんのお話と、輝くような笑顔がとても印象的でした。

 

 

20160419-8

 

 

講演の最後に柳田ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム委員長より閉会の挨拶がありました。

 

20160419-9

 

 

 

 

講演終了後、引き続き情報交換会が行われました。演者の先生方を交えてとても充実した時間になりました。