第4回AIIT起業塾 –観光×IT- を開催します

2015年12月16日

 産業技術大学院大学は、第4回AIIT起業塾 –観光×IT- を開催します。

 AIIT起業塾は、IT・デザイン・マネジメント等を活用し、各種の産業分野で、新しい事業構築・問題解決を話題に議論する勉強会で、起業経験者、○○×IT・デザイン、マネジメントの先駆者等のゲスト講師による講演、ディスカッションを行います。

 第4回AIIT起業塾では、観光とITとの融合に関する講演に加え、参加者も交えたパネルディスカッションを行います。勉強会は参加費無料です(懇親会は参加費3,000円)。途中参加、途中退出も可能ですので、お気軽にご参加ください。

詳細情報とお申込みはこちら:https://atnd.org/events/71600

 

○テーマ:観光×IT

 

○日時:平成27年12月20日(日) 13:30-20:00 ※18:00から近隣会場にて懇親会

    13:30 – 13:40 オープニング

    13:40 – 14:20 基調講演   観光の現状とIT活用 (イー・リゾート 代表 釼持 勝 氏)

    14:20 – 14:45 講演2   市民×観光×ITアプリ (会津大学 准教授 藤井 靖史氏)

    14:45 – 15:10 講演3   観光集客に役立つ海外発のソリューション 

                 (ルックアットミー・ジャパン 代表取締役 高橋 浩太郎氏)

    15:10 – 15:35 講演4   外国人旅行者受け入れ環境の構築に活きるSquare 

                 (Square プロダクトマーケティングマネージャー 川北 真司氏)

    15:35 – 16:00 講演5   クラウド活用による旅館改革への挑戦 

                 (陣屋コネクト 代表取締役 宮崎 富夫氏)

    16:15 – 17:15 パネルディスカッション

    17:15 – 17:30 クロージング 

    18:00 – 20:00   懇親会(希望者)

 

○会場:公立大学法人首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス

    (JR山手線、京浜東北線、総武線/秋葉原駅下車 徒歩1分)

 

○講演内容

    基調講演 観光の現状とIT活用

 

【講演内容】

   観光集客および観光施設運営は、ITを活用する事で大幅な効率改善を達成できる。しかしながら日本はその活用の実際において欧米に15年、活用思考においては20年以上遅れてる。その遅れを取り戻すためには何が必要なのか。また、ここ3年の訪日外国人観光客の増加によってこれから起こるであろうトラブルやクレームを、ITを使う事でどのように解決できるか。

 

【講師略歴】

 釼持勝氏=イー・リゾート代表

 地域経営及び観光事業のコンサルタント。北海道ニセコひらふ地域の改革(2002年から12年で外国人客数を約40倍超に増加の礎を造る)をはじめとして、数々のスキーリゾートの再建を担当。秋田県中期観光振興プラン検討委員兼アドバイザー(2009年)、長野県のスキー場再興支援やソーシャルメディア活用のアドバイザー等も務める。

 

講演②  市民×観光×ITアプリ

 

【講演内容】

 オランダのアムステルダムのように、市街でICTを活用する事で、限りある資源を積極的に再活用するエコな理想都市、またその取り組みによってさらに観光客の利便性が増す都市、すなわちインテリジェントシティを日本で実現する第一歩として、日本各地のハッカソンでそのために必要なアプリを作り、発表し続けてきたこれまでと将来の展望。

 

【講師略歴】

 藤井 靖史氏=会津大学准教授

 国内企業、外資系企業、海外ベンチャーと渡り歩き、帰国後、東北へ移住。2009年、仙台にて株式会社ピンポンプロダクションズを設立。2012年にKLab株式会社とのM&Aを行い、EXIT。現在は、会津大学で新しい産学連携の形を模索中。

 

講演③ 観光集客に役立つ海外発のソリューション

 

【講演内容】

 観光分野における日本のIT利用は、世界に比べほぼ10年以上遅れていると言われる。「日本より10年進んだソリューション」を日本に持ち込み、取り扱っている製品の中から、インターネット版Media Guides「lookatme」の仕組みとその集客効果とは何か。

 

【講師略歴】

 高橋 浩太郎氏 =ルックアットミー・ジャパン代表取締役

 1977年生まれ。東京都三鷹市出身。米国大学留学後、SEとして外資系IT企業などの勤務を経て2006年に株式会社コウタロウソフト起業。米国やオーストラリアのITソリューションのローカライズや輸入販売を行う。2015年11月からLookatmeの日本法人を立ち上げ、現在日本法人代表を務める。

 

講演④ 外国人旅行者受け入れ環境の構築に活きるSquare

 

【講演内容】

 Squareはモバイルクレジットカード決済サービスの先駆けとしてスタートし、決済サービスを根底から覆した。今ではクレジットカード決済のみならず、様々な機能を提供しビジネスを多方面からサポートする企業になっている。今回は特に観光業や外国人旅行者に役立つサービスの紹介やその実例を中心に紹介。また、決済サービスを取り巻く現状や今後の展望について紹介をする。

 

【講師略歴】

 川北 真司=Squareプロダクトマーケティングマネージャー

 外資系IT企業においてコンシューマ、法人営業から、営業チームの組織開発を担当。外資系家庭用品の日本責任者等を経て、2015年より現職。Squareにおいては、会社の目指す方向性「Make Commerce Easy」を日本でも推進するために、日本でのマーケット開拓、普及活動やパートナー推進活動、および日本へ新サービス導入などを担当。

 

講演⑤ クラウド活用による旅館改革への挑戦

  

【講演内容】

 日本の旅館の8割は赤字経営と言われる。売上低迷、利益が出ない、経費削減、これらを解消するためには、PDCAサイクルを早く回すことや、情報の見える化、仕事の効率化によりお客様と接する時間を増やしていくことが重要だが、それに適した既存のシステムが無く、クラウド上のDB,セールスフォースを基盤に自ら「陣屋コネクト」を構築。そのこれまでの開発の経緯と今後の進化の方向とは。

 

【講師略歴】

 宮崎 富夫=陣屋コネクト代表取締役

 慶應義塾大学大学院理工学部修士課程修了。本田技術研究所にて7年間次世代燃料電池の開発に携わる。2009年、陣屋の代表取締役社長就任。2012年、陣屋コネクトを設立。趣味はドライブ。映画監督の宮崎駿氏は叔父にあたる。

 

 

○パネルディスカッション

〈パネリスト〉

 釼持 勝 氏

 藤井 靖史 氏

 高橋 浩太郎 氏

 川北 真司 氏

 宮崎 富夫 氏

〈コーディネーター〉

 小山 裕司 氏 

 

【コーディネーター略歴】

 小山 裕司 氏=産業技術大学院大学 附属図書館長 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 教授

 1998年 東京都立科学技術大学工学研究科 工学システム専攻 博士課程 単位取得満期退学、国際大学GLOCOM、実践女子大学 人間社会学部等を経て、2008年より現職。システムソフトウェア、情報アーキテクチャの研究に従事。