第3回AIIT起業塾を開催します

2015年10月21日

   産業技術大学院大学は、第3回AIIT起業塾を開催します。

   AIIT起業塾は、IT・デザイン・マネジメント等を活用し、各種の産業分野で、新しい事業構築・問題解決を話題に議論する勉強会で、起業経験者、○○×IT・デザイン、マネジメントの先駆者等のゲスト講師による講演、ディスカッションを行います。

 第3回AIIT起業塾では、医療分野とITとの融合に関する講演やディスカッションに加え、参加者と講師による意見交換を行う予定です。勉強会は参加費無料です(懇親会は参加費2,000円)。途中参加、途中退出も可能ですので、気軽にご参加ください。

詳細情報とお申込みはこちら:https://atnd.org/events/70867

 

  ○テーマ:医療×IT

 

    ○日時:平成27年11月1日(日) 13:00-19:30 ※17:30から懇親会

                13:00 – 13:10 オープニング

                13:10 – 13:40 講演1 脳梗塞治療の現状とIT活用

              13:40 – 14:10 講演2 医療分野での3Dプリンタ活用の課題と展望

                14:30 – 15:00 講演3 日米でのデジタルヘルスの事情及び取り組み事例

                15:00 – 15:30 講演4 医療現場でのインフォームドコンセントの抱える問題

                15:50 – 16:50 パネルディスカッション

                16:50 – 17:00 クロージング 

                17:30 – 19:30   懇親会(希望者)

 

    ○会場:TKPガーデンシティ渋谷

 

    ○講演内容

       講演① 脳梗塞治療の現状とIT活用

       松本 省二 氏(小倉記念病院 脳卒中センター センター長)

 

     ・ 脳梗塞等の脳血管疾患は、日本人の死亡三大要因の1つであり、死因の約11%(3位)を占め、

                 また要介護では約22%、寝たきり(要介護5)では約34%(いずれも原因の1位)で、「健康長

                 寿社会」の実現を阻害する一大要因である。脳梗塞では、脳血管再潅流(血行再建)が1時間遅

                 れれば、脳梗塞発症後3ヶ月の時点での生活自立率が20%下がるため、脳梗塞治療は時間との戦

                 いである。今回は脳梗塞治療の現状と、ITを活用したTask Calc. Stroke等の問題解決の取り組

                 みを取り上げる。

           ・ 松本 省二 氏=小倉記念病院 脳卒中センター センター長

                 1996年 富山医科薬科大学医学部医学科卒業、九州大学病院 神経内科、飯塚病院 神経内科、国

                 立循環器病研究センター 脳血管内科、済生会福岡総合病院 神経内科等を経て、2015年より現

                 職。

 

       講演② 医療分野での3Dプリンタ活用の課題と展望

       花田 徳康 氏(メドコネクト株式会社 代表取締役)

 

           ・ 3Dプリンタの価格下落と、また素材の種類の増加等により、日本国内でも医療分野での3Dプリ

                 ンタの利活用が増加してきた。臓器立体モデルやカスタムメイドインプラント等はいずれ好影響

                 を与えるものと期待される。今回は、国内外の活用事例の紹介、診療報酬との関連、解消すべき

                 課題と今後の展望を取り上げる。

           ・ 花田 徳康 氏 =メドコネクト株式会社 代表取締役

                 1996年 旭川工業高等専門学校機械工学科卒業、1996年〜2010年 富士フイルムメディカル株式

                 会社にてデジタルX線画像診断システムの設計から市販後品質管理に従事。業務で訪問した国内

                 の医療機関は3,000にのぼる。2013年より現職。

 

       講演③ 日米でのデジタルヘルスの事情及び取り組み事例

       金子 剛章氏(株式会社医薬情報ネット 代表取締役)

 

           ・ 米国でのデジタルヘルス事情、スタートアップの取り組み事例を紹介し、日本でのデジタルヘル

                 ス分野の可能性を取り上げる。特に、日本の事例では、株式会社医薬情報ネットが開発中の

                 Dr.Photo(https://dr-photo.jp/)を事例に、開発上の課題、今後の可能性を紹介する。

           ・ 金子 剛章 氏=株式会社医薬情報ネット 代表取締役

                 インターネット広告代理店の株式会社オプトに2008年入社し、リスティング広告運用の新規事

                 業立ち上げに従事。カリフォルニアルーセラン大学院(MBA)の留学を経て、医療用医薬品専門

                 の企画制作代理店、株式会社医薬情報ネットに2013年入社。2014年より現職。

  

   講演④ 医療現場でのインフォームドコンセントの抱える問題

       黒坂 望 氏(株式会社Dr. IC 代表取締役社長)

 

          ・ インフォームドコンセント(以下IC)とは、「説明と同意」のことで、患者が医師の診療を受

                け、自分の状態に関する「説明」を受け、納得した上で、医師が提案した医療方針に患者が「同

                意」することの意味である。医療の現場では、理想とされているICと、現実に行われているICと

                の間の乖離が発生している。現状の調査から、現状のICの抱える問題を明らかにし、この問題を

                解決するための我々の取り組みを報告する。

    ・ 黒坂 望 氏=株式会社Dr. IC 代表取締役社長

        横浜市立大学医学部博士課程修了。横浜市立大学付属病院で整形外科医として勤務した後、オー

                ストラリアにリウマチの勉強のために留学。帰国後、一般病院で整形外科部長、副院長を務め、

                病院の経営改善に携わる。現在、新百合ケ丘総合病院整形外科、クリニック等で外来診療・手術

                を行っている。2014年オーストラリアBOND大学経営学修士(MBA)を取得し、株式会社Dr. IC

                を起業。

 

 

   ○パネルディスカッション

     〈パネリスト〉

        松本 省二 氏

        花田 徳康 氏

        金子 剛章 氏

        黒坂 望 氏

     〈コーディネーター〉

        小山 裕司 氏 

 

        ・ 小山 裕司 氏=産業技術大学院大学 附属図書館長 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 

              教授

              1998年 東京都立科学技術大学工学研究科 工学システム専攻 博士課程 単位取得満期退学、国際大

              学GLOCOM、実践女子大学 人間社会学部等を経て、2008年より現職。システムソフトウェア、情

              報アーキテクチャの研究に従事。