4月16日にキックオフイベントを開催しました

2015年05月01日

2015年4月16日(木)、「帝京大学産業保健高度専門職養成の大学院プログラム」のキックオフイベントとして、板橋キャンパス大学棟本館において、吉川徹先生(現・労働安全衛生総合研究所)をお招きして、世界保健機関(WHO)のミッションにエボラ出血熱対策の専門家として参加し、リベリアの最前線で対応されたご経験をもとに、エボラウイルス感染症の世界的流行と産業安全保健の役割について、現地での活動の様子も交えてお話しをいただきました。質疑応答では参加者から活発に質問がなされました。

  IMG_9969 IMG_9976 IMG_9977