長崎大学

現在産科医不足、分娩施設の減少は産科医療に大きな影響を与え、産科施設の集約化・偏在化や混合病棟化が進行しています。また女性の社会進出等により出産年齢が高齢化し、合併症を伴ったハイリスク分娩も増加傾向にあるなど、社会情勢の変遷に伴って産科医療は危機的な状況にあります。
すべての妊産婦のために、助産師自身の質の向上と実質的な量の確保は喫緊の課題です。日々更新される医療の中にあって、就業助産師、潜在助産師が最新の知識と技術を修得し、キャリアアップを図ってプロフェッショナルとして活躍する場を広げていく必要があります。
本プログラムは、女性の健康及び周産期ケアのプロである助産師が、生き生きと活躍できるような教育プログラムの提供と支援体制を構築し、助産師の更なるキャリアアップ、助産師力を底上げすることにより、長崎における地域の母子保健、周産期医療、少子化問題、さらに助産師教育等に貢献することを目指しています。