2016/7/9 「海外派遣者のストレスマネジメント①②」が開講

2016年08月24日

千里山キャンパス、東京センターをテレビ会議システムで中継し、社会人を対象にした「海外子会社の経営を担う人材を養成する大学院教育プログラム」第7週目が実施されました。

 

今週は、大阪医科大学神経精神医学教室の臨床心理士である川端康雄氏による「海外派遣者のストレスマネジメント①②」の講義を行いました。授業では、ストレスに関して心身両面からの理解を図り、「避けず、力まず、考え込まず」というキーワードを用い、こころの回復力が発揮されやすい対処法や生活習慣について学びました。また、授業の中で、「こころのエクササイズ」であるマインドフルネスについても学習し体験しました。

20160709_海外派遣者のストレス・マネジメント①②_大阪_DSC02529-1 20160709_海外派遣者のストレス・マネジメント①②_大阪_DSC02533-1

20160709_海外派遣者のストレス・マネジメント①②_大阪_IMG_1612-1

次回7月16日は、春学期の最終週です。講義は、5月28日に修得したプレゼンテーションの技法を用いて受講生が春学期の成果発表を行います。社会人の方々で、本プログラムの聴講を希望される方は、気軽に社会人学び直しプログラムオフィスまでご連絡ください。

●プログラムの詳細はWebサイトにてご確認ください●

http://www.kansai-u.ac.jp/relearn/