2016/5/28 「海外子会社における人事労務政策④」「プレゼンテーション・スキルとその活用①」が開講

2016年06月03日

千里山キャンパス、東京センターをテレビ会議システムで中継し、社会人を対象にした「海外子会社の経営を担う人材を養成する大学院教育プログラム」第2週目が実施されました。

1時限目の「海外子会社における人事労務政策④」では、先週に引き続き海外子会社での経営経験が豊富な仲本利明講師が、経営者としての役割と心構え「気の10ケ条」について講義され、受講者も自分自身の「気の5ケ条」を考えました。

20160528_海外子会社における人事労務政策_大阪_1IMG_1145A-120160528_海外子会社における人事労務政策_大阪_2IMG_1137B-1

2時限目は、本プログラムのコーディネーターを務めている西尾三津子特命助教による「プレゼンテーション・スキルとその活用①」を実施しました。最初にプレゼンテーションの目的や要素、手順について学んだ後、プレゼンテーション課題を3回繰り返し、スキルの向上を図りました。今回、習得したスキルを活用し春学期の最終講義日である7月16日(土)に、受講者全員が「学び直しプログラムで学んだこと」について発表します。

20160528_プレゼンテーションスキルとその活用_大阪_1DSCN0173B-120160528_プレゼンテーション・スキルとその活用_東京_IMG_1189A-1

次回6月11日は、「ASEANの華人ビジネス」「日本的経営思想」について学びます。社会人の方々で、本プログラムの聴講を希望される方は、まずは、気軽に社会人学び直しプログラムオフィスまでご連絡ください。

●プログラムの詳細はWebサイトにてご確認ください●

http://www.kansai-u.ac.jp/relearn/