特別講義(産業環境保健学)を開講しました

2016年02月26日

28117日(日)-20日(水)に、「特別講義(産業環境保健学)」を開講しました。

 

講師として、ハーバード公衆衛生大学院環境保健学准教授のStefanos Kales先生をお招きし、産業医学の入門について講義を行っていただきました。

 

1日目(17日)

・産業保健学の導入

・診断の手順、一次予防、スクリーニング等について

 

2日目(18日)

・産業と癌の様々な職業との関係性について

・タバコと肺癌の関係性について

・筋骨格系障害について(腰、肩、手や腕を中心とした障害について)

 

3日目(19日)

・呼吸器疾患について(塵肺や珪肺について)

・循環器疾患について(化学物と疾患の関係性について)

 

最終日(20日)

・呼吸器疾患について(仕事関連の喘息や綿肺症について)

・溶剤について(皮膚や肝臓を標的臓器とした様々な溶剤の曝露による疾病発症のメカニズムについて)

 

講義風景

情報提供シート20160129_帝京大学特別講義(産業環境保健学)_IMG_1406

 

 

 

 

 

情報提供シート20160129_帝京大学特別講義(産業環境保健学)_IMG_1416