特別講義(技術職の労働衛生コンサルタント養成(労働衛生技術))を実施しました

2015年10月01日

平成27年9月2日、9日に、特別講義(技術職の労働衛生コンサルタント養成(労働衛生技術))を行いました。この講義は、作業環境における有害要因の測定や評価、対策についての学びを通して、リスク管理能力を涵養することを目的としています。

 

第1日目(9月2日)は、作業環境の有害要因の測定及び管理で現在行われている産業環境測定の仕組みや局所排気システムの基本を中心に学習しました。さらに、化学物質のリスクアセスメントの考え方についても、わかりやすく明快な講義から学ぶことができました。

 

第2日目(9月9日)は、ばく露測定、ばく露とばく露限界値の比較、局所排気システムの実際と作業管理に必要な人間工学について、理解を深めました。これらを通して、労働衛生(コンサルト)に携わるうえで必須の知見を得ることができ、各々が産業保健(労働衛生)専門職のあり方について集中して考える機会にもなりました。

teikyo_ind_health_consult_201509_2

 

 

 

 

 

teikyo_ind_health_consult_201509_1