2015.8.1 ファカルティディベロップメント講演会を実施しました

2015年09月08日

テーマ:「アサーティブネス~医療者への対応~」

講 師:長崎ウエスレヤン大学現代社会学部経済政策学科 教授 入江詩子先生

 

「アサーティブ」とは“自分も相手も尊重するコミュニケーション”とも言われますが、医療現場ではもちろん、普段の生活においても大変重要なことだと思います。自分のコミュニケーションの特徴に目を向け、自分の心に正直でいながらも、どう相手と関わっていくか・・・・。「頼むこと」を題材にして、どう相手に伝えていくかを演習しました。

 3-1

 

 

 

 

 

 3-2

 

 

 

 

 

 

 

「相手にどう頼むか」について、例をみんなの前で実演してもらいました。

その後参加者間で、よかった点や改善点について意見を出し合いました。

 

自分の癖も意識しながら、相手も大事にしたコミュニケーションが出来るといいなと思います!