ヘルスケア・エレクトロニクス基盤講座・設計実習講座が終了しました

2015年08月11日

○ 群馬大学の社会人学び直し大学院プログラム、ヘルスケア・エレクトロニクス基盤講座・設計実習講座が平成27年6月から7月の毎週末、群馬産業技術センター及び群馬大学理工学部桐生キャンパスで実施され、エレクトロニクス関連企業の技術者の方々が参加しました。

   群馬大学の遠坂俊昭客員教授による、基盤技術としてのアナログ回路技術、負帰還技術、微少信号処理の座学講座並びにLTspiceの基本的な操作法から活用法まで、実践的な講義と実習が行われました。

 

[座学講座]

[座学講義]

 

②シミュレーション

[シミュレーション実習]


③LTSpice

[LTSpiceによる設計実習]

 

 

 

 

 

 

 

○ 平成27年7月23~31日の4日間、ヘルスケア・エレクトロニクス設計実習講座「A12:微少信号処理回路の設計」が群馬大学理工学部桐生キャンパスで実施され、エレクトロニクス関連企業の技術者の方々18名が参加しました。

 ロックインアンプによる金属検出、脈波測定、筋電検出回路等の微少信号処理の応用回路を計算・シミュレーションで設計後、実際の回路調整・試作による動作の検証、測定器の使用方法、設計・試作時のトラブル対応等の実践的な実習が行われました。講座の最後の成果報告会で、得られた成果を報告するとともに、講師との間で活発な議論がなされました。

④実習風景

[実習風景]


⑤異なる会社

[異なる会社でペアを組みます]

 

 

 

 

 

 

[はんだづけも体験]

[はんだづけも体験]


[各班ごとに成果報告を実施]

[各班ごとに成果報告を実施]

 

 

 

 

 

 

 

[最後に記念撮影]

[最後に記念撮影]